スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「JAYWALK」中村被告に懲役2年求刑(読売新聞)

 覚せい剤を使用したなどとして、覚せい剤取締法違反(所持、使用)と麻薬取締法違反(所持)に問われたロックバンド「JAYWALK」のボーカル、中村耕一被告(59)の初公判が28日、東京地裁であり、中村被告は起訴事実を認めた。

 検察側は論告で「所持していた覚せい剤は自分で使う目的にしては多く、薬物への依存度も高い」として懲役2年を求刑。

 一方、弁護側は「深く反省しており、釈放後は専門の病院に入院して治療することも決まっている」として執行猶予付きの判決を求め、結審した。判決は5月12日。

青森市に改善措置要求=前副市長関与の官製談合認定-業者に課徴金3億も・公取委(時事通信)
たちあがれ日本、舛添氏と連携も(スポーツ報知)
犯罪死「見逃し」39件=12年間、時効1件-誤認の大半、検死官臨場なし・警察庁(時事通信)
JR福知山線 被害者へメルマガ100号「孤立しないで」(毎日新聞)
小沢氏「前原君どう言ったか、関心も興味もない」(読売新聞)
スポンサーサイト

JAXA 白木理事「誇りに思う」 山崎飛行士帰還で会見(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子飛行士(39)の帰還を受け、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は米東部時間20日午後(日本時間21日未明)、ケネディ宇宙センターで会見し、山崎さんの活躍をねぎらった。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 今回の日本側責任者を務めた白木邦明理事は「無事着陸でき、大変うれしい。11年待ってようやく搭乗できた山崎さんは、国際宇宙ステーション(ISS)への補給、ロボットアーム操作などの任務を立派にこなし誇りに思う」と総括した。着陸直後、滑走路で対面した山崎さんの様子を「重力で血液が(下半身に)下がっているためか、顔色が白く見えた。しかし話し方も足取りもしっかりしていた」と語った。

 シャトルは残り3回の打ち上げで退役し、それ以後はロシアのソユーズ宇宙船がISSに人を運ぶ唯一の輸送手段となる。白木理事はロシアにJAXAの事務所を設置する検討を始めたことを明らかにした。

【関連ニュース】
【写真特集】映画みたい? NASA ミッションポスター
【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載
山崎宇宙飛行士:無事帰還「重力の強さ感じる」
<関連記事>山崎直子宇宙飛行士:無事帰還 「美しい地球の自然、また感じた」

<都市再生機構>事業仕分けに先手…技術者にしわ寄せ(毎日新聞)
気分は天平人 1300年祭 施設公開(産経新聞)
「みんなの党」が積極策 1人区にも候補者擁立(産経新聞)
<普天間移設>5月末決着…米大統領への首相の直談判不発(毎日新聞)
詐取金でマンション購入 容疑の組員ら逮捕(産経新聞)

ギョーザ事件、21・22日に日中情報交換(読売新聞)

 千葉、兵庫両県の3家族10人が被害に遭った中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、警察庁は19日、中国公安省幹部との情報交換会議を21日と22日に、東京・霞が関の同庁で行うと発表した。

 中国側が3月26日に製造元の「天洋食品」(中国河北省)で工場の食堂の管理人をしていた元臨時従業員・呂月庭容疑者(35)の逮捕を明らかにして以来、日中両国の捜査幹部が直接、情報交換するのは初めて。

 中国側で会議に出席するのは中国公安省の王桂強・物証鑑定センター副主任や刑事偵査局の幹部ら9人。日本側は警察庁の金高雅仁刑事局長のほか、千葉、兵庫両県警の捜査担当者ら10人が対応する。

 会議で日本側は、呂容疑者の逮捕に至った経緯や容疑事実、証拠関係などについて確認を求める方針。中国側は、日本での被害状況などについて情報提供を要請するとみられる。

改正道交法 高齢ドライバー専用の駐車スペース設置へ(毎日新聞)
非公式会談で米大統領不信感 首相「ない」と断言(産経新聞)
前長崎市長銃撃 献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
影武者欲しい? 桜を見る会で、首相がそっくりさんと握手(産経新聞)
<薬害C型肝炎>原告団代表の山口さん、自叙伝の出版記念会(毎日新聞)

<鉄道事故>女児がJR奈良線の列車にひかれ死亡 京都(毎日新聞)

 10日午後4時35分ごろ、京都府城陽市寺田丁子口のJR奈良線中之島踏切(長池-城陽間、遮断機、警報機付き)で、女児が奈良発京都行き上り快速電車(6両編成)にひかれ、間もなく死亡した。府警城陽署は、現場に残された靴に記された名前から、近くに住む3歳児とみて調べている。

 同署の調べでは、女児は母親が昼寝をしている間に外出。遮断機が下りた踏切付近で遊んでいたのが目撃されており、直後に事故に遭ったらしい。JR西日本によると、運転士は前方で女児が踏切内に立ち入るのを確認し、すぐに非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。

 乗客約200人にけがはなかった。同電車は約80分遅れで運行を再開。事故の影響で同線の上下11本が運休したほか、上下7本が最長85分遅れ、約4000人に影響があった。【山田尚弘】

【関連ニュース】
JR山手線:大塚駅で人身事故 約4万8000人に影響
往来危険容疑:線路に2キロの砂袋、特急が急停車 京都
踏切事故:山陽電鉄で特急にはねられ小1死亡…姫路
大阪市営地下鉄:谷町線で逆走 昨年9月、初歩的ミスで
踏切事故:名鉄犬山線で特急と衝突 乗用車運転の男性死亡

鳩山首相「食の安全を守る」 米国産牛肉交渉再開(産経新聞)
実務者協議見合わせ=普天間、岡田外相と大使で調整-日米(時事通信)
3歳女児意識不明、母「カッとなって」落とした(読売新聞)
両親を1歳女児の虐待致死容疑で逮捕 大阪府警(産経新聞)
男児専門ポルノサイトを摘発=全国初、「少年愛広めたかった」-埼玉県警(時事通信)

<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)

 京都大の入学式が7日、京都市左京区の市勧業館みやこめっせであり、10学部計3013人の新入生が大学生活のスタートを切った。京大では学生による覚せい剤所持や準強制わいせつ事件などが相次いでおり、松本紘学長が式辞の冒頭、「自由(の意味)をはき違えないでほしい」とクギを刺した。

 松本学長は「(青春時代は)心が沸き立つような直接的な人間の欲望に制圧されうる危うさがある」と、京大教授だった哲学者、和辻哲郎の言葉を引用。青春の勢いを芽にたとえ、「芽の成長をひずませず、それを助ける滋養分だけを与えることが肝要」と強調した。【広瀬登】

【関連ニュース】
卒業証書:有山楓ちゃんに 04年奈良で誘拐、殺害される
入学式:元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校
眞子さま:国際基督教大の入学式に出席
東大:2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気
京都大:卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ

富士通 野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―民主介護議連・藤田事務局長(医療介護CBニュース)
新党、月内結成へ=与謝野、園田氏-平沼氏との連携も(時事通信)
3邦人死刑に懸念=社国幹事長(時事通信)
50法人超が対象=国民生活センターや住宅金融機構-事業仕分け第2弾(時事通信)

<理研>論文不正巡り元研究員と和解 発表をサイトから削除(毎日新聞)

 理化学研究所(埼玉県和光市)が04年12月、元男性研究員(59)が論文不正に関与したと発表したことは名誉棄損に当たるとして、男性が発表の取り消しと5500万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴していたが、理研側がホームページの該当ページを全文削除することで和解が成立した。男性側が6日発表した。所属研究者の研究不正について研究機関側が発表を削除するのは異例。

 対象となった論文は男性が同僚と執筆した、血小板が作られる仕組みや細胞分裂に関する3本。理研は2本が改ざんされ、1本も改ざんの可能性が高いとして、男性に3本の取り下げを勧告した。男性は同年9月末に理研の勧奨に従い退職後、06年に提訴していた。

 男性側代理人によると、和解内容は、論文1本にデータの訂正が必要な個所はあったが論文の結論に影響は与えないと確認。残り2本も男性が共著者として不正を見抜けなかった責任を認める一方、理研は発表内容が不適切だったとして遺憾の意を表明し、ホームページの発表全文を削除する--など。

 男性は6日、東京都内で会見し「研究者生命を絶たれる事態になったが、発表が取り消され、一定の名誉回復が図られた」と述べた。

 一方、理研は同日、該当ページを削除し、「論文に問題があったことは原告(男性)も認めており、発表趣旨に誤りはなかった」とのコメントを公表した。【永山悦子】

【関連ニュース】
論文盗用:トルコ人助教の博士学位取り消し--東大

「参院選後は政界再編」=民主・渡部氏(時事通信)
後期高齢者医療制度の保険料、全国平均千3百円増―10年度(医療介護CBニュース)
社保庁OBを更迭 厚労相 野党時代の“宿敵”(産経新聞)
子供の車内置き去り 米では犯罪、逮捕も(産経新聞)
「よさの・ひらぬま新党」8日にも結成 与謝野氏離党、自民崩壊危機(スポーツ報知)

長崎の小型機墜落、原因はパイプの整備ミス(読売新聞)

 長崎空港で2008年7月、離陸直後の小型機が同空港近くの大村湾に墜落し、1人が死亡、2人が重軽傷を負った事故について、運輸安全委員会は26日、エンジン内のパイプの整備ミスによる火災が原因とする報告書を発表した。

 報告書によると、エンジン内のパイプを「クランプ」と呼ばれる装置で締め付けすぎて亀裂が入り、高温の排ガスが噴出して、エンジンに引火した。

 整備マニュアルには、パイプを締め付けすぎると変形するという注意書きがあったが、守られていなかった。

 締め付け装置は2004年に交換され、その後、年2回ずつ点検が行われていた。

「長官銃撃はオウムのテロ」警視庁が異例の発表(読売新聞)
<中国毒ギョーザ>「殺虫剤3回混入」…詳細供述で逮捕(毎日新聞)
陳情の野中広務・土改連会長、小沢氏また門前払い(読売新聞)
<訃報>金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)
Nokia、09年携帯市場シェア予測を34%へ下方修正
プロフィール

いしいけんじさん

Author:いしいけんじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。